保育士求人の魅力に迫る!【スキルアップがしやすい】

記事一覧

子どもに関われる仕事

先生と子供

仕事を探す際の注意

保育に携わる仕事を探す際、求人票に書かれている給料や手当は気になることでしょう。会社によっては、基本給、固定給、月給と記載の仕方が異なるはずです。残業代の記載については、注意が必要です。みなし残業手当や固定残業手当というのは、固定給にすでに残業代が含まれているものです。きちんと知識を身につけることが重要です。保育士の場合、正規職員、契約社員、パートといった働き方があります。正規職員はフルタイムで働くので、担任を受け持つことがあります。契約社員の場合は決められた契約期間のみ働き、時期がきたら更新するというものです。保育園によっては、担任を受け持つこともあります。パートは時短勤務なので、仕事と子育てなどを両立しやすいです。保育補助の求人が出ていることもあります。これはアルバイトが一般的で、保育士免許を持っていなくとも就業できます。将来保育士試験の受験を考えている人におすすめと言えます。給料や雇用形態に注目するだけでなく、園の方針に共感できるか、といった点にも注目しましょう。求人票に方針が書かれていることもあります。もし書かれていないなら、面接の際に確認するのもいいでしょう。保育園のホームページやブログなども、チェックするといいでしょう。求人票だけでは見えてこないことがわかるはずです。最近では、SNSなどで園の様子などを発信しているところも増えているのです。職場の雰囲気についても、ある程度わかるはずです。

Copyright© 2018 保育士求人の魅力に迫る!【スキルアップがしやすい】 All Rights Reserved.