保育士求人の魅力に迫る!【スキルアップがしやすい】

記事一覧

スキルを生かす介護の仕事

介護

資格や経験を活用しよう

東京の介護系の求人にはホームヘルパー資格をお持ちの方といった募集案内もしばしば見かけられます。ホームヘルパーは正式には従来、訪問介護員と呼ばれており、訪問介護員養成研修を受けることで資格の認定が受けられました。現在では介護職員初任者研修の制度が導入されており、高齢化の深刻化に対応し、介護の高度化やより高まる介護ニーズに対応するために130時間にも及ぶ講義や実習の履修が求められています。ですが、制度改革前の平成24年までに実施されていた訪問介護養成研修を受けてホームヘルパー1級または2級の認定を受けている方は介護職員初任者研修を修了したと同等にみなされ、こらめで通り訪問介護員として仕事ができます。そのため、東京で求人の応募資格にホームヘルパーとある場合、平成24年までに研修を受けて資格の認定を受けている方も応募できることを意味しています。東京都では当時、ホームヘルパーの3級や4級の研修会や都知事による認定も行っていましたが、新たに導入された介護職員初任者研修修了と同等とみなされるのは、より実践的な研修を行って高度なスキルを認定されたホームヘルパーの1級と2級のみです。そのため、東京の求人でも応募資格にはホームヘルパー2級以上と案内されている求人がほとんどになっています。制度が変わったことにより、自分は介護職員初任者研修を受けていないから、もう介護の仕事はできないと思っている方がいるなら、ホームヘルパー2級以上とある東京の求人を探してみましょう。

Copyright© 2018 保育士求人の魅力に迫る!【スキルアップがしやすい】 All Rights Reserved.